パラメータ引き継ぎJS

lvn_lap_01

PR:リビン・テクノロジーズ

【驚愕】家を売る人続出!の我が家が買ったときより高くなった売却術を大公開!

マイホームを持ってる人に朗報があります!

実は、経済不況やリモート勤務の影響もありの
不動産売却価格がバブル時以上に上昇してるみたいなんです。

私は、これを不動産関係の仕事する甥に
「今、高く買い取ってくれるから得だと思うよ!」

と教えてもらったおかげでにある自宅が購入時より620万円以上高く売却することができました。

この不動産バブルに関して 国土交通省に発表によると、「住宅総合の不動産価格は60ヶ月連続で上昇している」とのこと

下記の土地取引価格の推移の表を見ていただいても分かるように未だかつてない盛り上がりです。

この不動産バブル状態を受けて私のように「将来に備えるため」、手持ちの不動産を査定・売却する人が増加しています

しかし、売却や査定をする人が急増した理由はこれだけではないんです。

不動産バブルは崩壊寸前!?

実は、この不動産価値の急騰はバブルといった文字の通りいつまでも続きません。

そのため、手遅れになる前に「少しでも損をしないために」といった理由で
2021年に駆け込みで急激な査定・売却の依頼が増えています。

2022年ひとつ大きな懸念点があります

それが「生産緑地の改正」の問題です。

生産緑地とは、1992年に生産緑地法で定められた土地制度の1つで「最低30年は農地・緑地として土地を維持する代わりに税制優遇を受けられる」といったものです。

これが1992年に一斉に指定されているため、指定の日から30年。
営農義務が終える来年に一斉に生産緑地の指定解除がなされることになります。

これによって、来年大量に市場に土地が供給され、地価の下落を引き起こすことが懸念されているのです。

生産緑地が指定解除されると、およそ東京ドーム約2,760個分(12,972.5ヘクタール)の「生産緑地」が売りに出される可能性があります。

※参照:OPEN HOUSE「”生産緑地2022年問題”で、土地が値下がり!?」

こういったこともあり、2022年に
不動産価値の急落が危険視されているのです。

ですので、もし売却を検討している家があるがあるならば、早めに家の価値を知っておいた方が吉です。

 

1,000万人以上が利用した無料査定が便利

不動産の価値を知るために便利なのがネットの不動産無料査定サービスです。

その中でも累計の利用者数が1,000万人以上、机上査定ツールとして認知はナンバーワンの「リビンマッチ」がオススメです。

ネットで査定と聞くと「胡散臭い。怪しい」と思われる方も多いと思います。

でもリビンマッチは、

運営者は上場企業なので、信頼度は確かです
使い方も簡単で、チャット形式で質問に答えていくだけで家の価値が分かります!

物件に関して、おおよその情報でも大丈夫!

リビンマッチでは、複数社に査定してもらうことができるので
一番高く売却できる不動産会社を見つけることができます。

自宅付近の不動産価値の「相場が上がってるかどうかの確認」としても使えますよ。
※ご家族などに知られずに調べることが可能です!

⬇リビンマッチのURLはコチラ
https://www.lvnmatch.jp/

調べると参考になる査定の事例がありましたので、一部を紹介させていただきます。

最後に

自分のなかで「どうせ高く売れるわけない…」と決めてかかるとチャンスを逃すことにもなりかねません!

もし、査定に納得できたなら、
売却の方向に進めば良いですし、

万が一、査定に納得できなければ、
「売却しなければいい。」だけです。

自宅を価値を知ることに
あなたにとってリスクは一切ありません。

・持ち家がある
現在の家の価値が知りたい
・より良い家に住み替えがしたい
・住宅ローンを完済したい
・相続した不動産を高く売りたい

など、人それぞれで考えや希望が違うと思います。

査定次第で大きく変わる自宅の値段は、もしかするとあなたの人生を変えるかも?

スマホから簡単に家の価値を知ろうとするのはどうですか?

の不動産価格はいくら!?/

会社概要 | プライバシーポリシー